外国人技能実習生の雇用はアクセス

ACCESS

Home   Facebook   コラム

TEL 06(7173)2316
E-mail info@access-hr.jp

受け入れまでの流れ

受け入れまでの流れ

ご説明、お問い合わせ

多くの事業様にとって、外国人の人材を扱う事は初めての事であり、非常に重大な決断となります。 弊社では無料で相談を承っておりますので、お気兼ねなく、ご連絡ください。

お問い合せ

面接

弊社が直接現地、人材紹介会社にお伺いし、弊社が面接を行います。 その際、お客様が現地をお越しになり、面接を行って頂いても結構ですし、 会議室にてSkypeを通じて面接を行って頂く事も可能です。

各種申請書の作成、申請、証明書の取得

外国人人材受け入れのため、在留資格認定証明書交付申請書と受入申請書の作成、申請手続きが必要となりますが、全て組合にて行います。 さらに、現地にて、内定者が人材紹介会社の協力の元、ビザ申請を行います。弊社では現地でのビザ申請状況の監視、ご報告もさせて頂きます。

現地研修

採用頂いた後、内定者は現地人材会社にて4ヶ月間の研修に入ります。
主に日本語のコミュニケーションスキル(聞く・話す)の向上を重点的に行い、併せて日本の文化や生活習慣について学びます。さらに、日本での業務に必要な知識を学びます。

入国

現地での研修を終え、ビザを取得するといよいよ日本に入国します。
組合では空港で出迎えから研修先の寮まで送迎いたします。

入国後集合研修

入国後、弊社の研修センターに入り、1ヶ月間、日本での生活習慣について学びます。
加えて日本語研修や消防署・警察署による、防災・防犯・交通安全の講習を行っていただきます。
ご要望に応じて、現地にて各受入企業様に合わせた研修をして頂く事も可能です。

配属、就業開始

1ヶ月間の研修後、各労働者の受入企業先と滞在先に移動し、就労スタートです。
その後は引き続き組合スタッフが毎週お伺いし、受入企業様と人材のサポートをさせて頂きます。

お問い合せ

お問い合わせはお気兼ねなく下記までどうぞ
TEL 06(7173)2316
E-mai l info@access-hr.jp

お問い合せフォーム