介護人材の受け入れまでの流れ

受け入れまでの流れ

入国前

①ご説明、お問い合わせ

多くの事業様にとって、外国人の人材を扱う事は初めての事であり、非常に重大な決断となります。
弊社では無料で相談を承っておりますので、お気兼ねなく、ご連絡ください。

お問い合せ

②面接

弊社が直接現地、人材紹介会社にお伺いし、弊社が面接を行います。
その際、お客様が現地をお越しになり、面接を行って頂いても結構ですし、
会議室にてSkypeを通じて面接を行って頂く事も可能です。

③現地研修

面接後、内定者は現地人材会社にて8ヶ月間の日本語研修に入ります。
日本語能力検定4級レベルまで上げて日本語学校に入国することを目標に勉学に励みます。
それに加え、介護で使用する用語を学びアルバイト業務に支障なく行える様に致します。

④各種申請書の作成、申請、証明書の取得

外国人人材受け入れのため、在留資格認定証明書交付申請書と受入申請書の作成、申請手続きが
必要となりますが、全て入学予定の日本語学校と現地人材紹介会社にて行います。
さらに、現地にて、内定者が人材紹介会社の協力の元、ビザ申請を行います。
弊社では現地でのビザ申請状況の監視、ご報告もさせて頂きます。

⑤入国

現地での研修を終え、ビザを取得するといよいよ日本に入国します。
弊社では空港で出迎えから研修先の寮まで送迎いたします。

入国後の流れ

①日本語学校に入学

日本語学校にて、介護学校で勉学ができるまでの日本語能力を約2年間で習得します。

②介護福祉士養成校(介護専門学校等)に進学

介護専門学校等で2年間介護の知識を学びます。
卒業後は試験免除で自動的に介護福祉士資格(期限付き)を取得することが可能です。

③介護学校卒業、介護福祉士資格を取得

介護学校を卒業すると介護福祉士試験を受験致します。

④就労ビザ申請

介護福祉士資格をもって就労ビザが付与されます。
ビザ申請は弊社提携の行政書士の協力の下、行います。

⑤正社員入社

ビザを取得すると正社員として勤務が可能です。
勤務時間も週40時間以上に増えます。
※就職先を強制するものではございません

POINT 介護専門学校では奨学金が支給されます(各都道府県によって異なります)

都道府県によっては介護専門学校等に入学した場合、奨学金が支給されますので、一般的には2年間の授業料に相当する額が貸与されます。
しかし、卒業後、介護福祉士資格を取得して5年間、奨学金を賞与した都道府県内の介護施設にて勤務した場合は返済は免除されます。
制度がない都道府県もございますので、弊社に一度ご連絡ください。

お問い合せ

お問い合わせはお気兼ねなく下記までどうぞ
TEL 06(7173)2316
E-mai l info@access-hr.jp

お問い合せフォーム